ものづくりを楽しむなら|3Dプリンターを利用する

オフィス

通話料金が安くなる電話

IP電話はインターネット回線を利用した電話サービスで、複数のインターネットプロバイダから提供されています。サービスの基本的な仕組みは各社とも同じですが、通話料金の額や無料通話ができる提携プロバイダの数などに違いがあります。

光と液状の樹脂

3Dプリンター

光によって造形をする機械

3Dプリンターには機種によってさまざまな特徴があります。その中でも特に大きな違いが見られるのは、どのような方法で三次元の造形物がつくられるのかということです。造形物は対象となる物体の三次元データを用いて造形されますが、造形をするために用いられる方法だけでなく、材料も3Dプリンターの機種によって異なることがあります。現在販売されている3Dプリンターの中でも広く採用されている方法が光造形法です。これは造形物をデータに立体的に造形するために、光のエネルギーを用いる方法です。この方法で一般的に使用されるのは光の中でも強いエネルギーを持つ紫外線です。液体樹脂の中には紫外線を照射されると固まる性質を持っているものがありますが、この液体樹脂が、光造形法が採用されている3Dプリンターで作られる三次元の造形物の材料になります。造形物の三次元のデータをもとにして紫外線が液状樹脂の特定の部分だけに照射されることにより、造形物の具体的な形が作り上げられていきます。コンピューターの技術の発展によって、三次元の物体をより正確に数値としてデータ化することが可能になったことが、こうした方法を実現できるようになった理由です。こうした方法で作られる造形物の特徴は、薄い層を一枚ずつ重ね合わせるようにして、造形されることです。照射によって固められたいくつもの層が重ねあうことによって、最終的に一つの立体造形物が作られ、企業の製品作りなどにも生かされています。

複合機

コストのよい商品

複合機を購入する場合、中古のものを選ぶという選択肢もあります。中古のものは価格が安く、販売時にはメンテナンスもされているため、使用自体は問題ないことがほとんどです。適度なメンテナンスでより長く複合機を活用できるでしょう。

インク

効率アップ間違いなし

東芝のトナー印刷機器は、滲みにくい、早い、コスト削減といったトナー印刷のメリットをしっかりと押さえているため、非常に重宝してくれます。時間とコストの効率化は企業にとって重要課題であるため、是非東芝のトナー印刷機器を考えてみましょう。

Copyright © 2017 ものづくりを楽しむなら|3Dプリンターを利用する All Rights Reserved.